ユーロの対円相場・LCCとJRとの関係・エルピーダメモリの今後

●100円を割ったユーロは80円台にまで下がる可能性もある

 年末から年始にかけて経済面の大きなトピックの1つは円に対するユーロの値下がりです。まず昨年12月30日に1ユーロ99円85銭を付けました。1ユーロが100円を割り込むのは2001年6月以来約10年半ぶりのことです。さらに今年に入って1月6日に98円を切り、9日には97円28銭まで下げました。

お金というものはお金のあるところに吸い寄せられますが、欧米の金融機関がユーロを売って円に換え、それで日本の国債を買っています。日本にはお金があるので、この動きはしばらく続くでしょう。

※このサイトはサンプルサイトです。
全文ををお読みになりたい方は、ご検討の上、「投資レポート」申込ページからお申し込み下さい。

会員専用ページにてご覧になれます。

ページTOPへ