新しく発足した野田政権の最優先課題はやはり財政赤字削減である

●幹事長、財務相、税制調査会長という要職に示された増税シフト

2011年8月29日の民主党代表選挙で新代表になった野田佳彦氏は、翌30日に衆参両院本会議の首相指名選挙で第95代・60人目の首相に選出されました。野田新内閣が発足したのは9月2日です。

 この野田首相と菅前首相とは3つの点で大きく異なっています。

 まず第1に野田首相は決断がぶれません。1度決めたことをきちんとやり通すということです。ところが、菅前首相は1度決めたことをやらなくても平気でした。その上、決めたことを何度も覆しました。市民運動家だからぶれるのが政治主導だと思っているのです。ぶれるべきではないと十分に認識している野田首相は菅前首相と対照的な政治を行うでしょう。

 第2に野田首相は勉強家です。菅前首相は全然勉強しなかったので、本屋に行ったことがニュースになったのでした。

 第3に・・・

※このサイトはサンプルサイトです。
全文ををお読みになりたい方は、ご検討の上、「投資レポート」申込ページからお申し込み下さい。

会員専用ページにてご覧になれます。

ページTOPへ