地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

長谷川慶太郎レポート
パスワードを忘れた方はこちら
投資の王道【LITE版】
無料メールマガジン

バックナンバーは こちらから

長谷川慶太郎レポート

長谷川慶太郎コンテンツ

2011年長谷川慶太郎の大局を読む(CD付)

  2011年長谷川慶太郎の大局を読む(CD付)~
  • ISBN:9784894519251
  • 出版社: 李白社/フォレスト出版
  • 長谷川慶太郎
  • 発売日: 2010/10/20
  • 定価 1680円(税込)

【内容】

輸出優先の「国益戦争」が始まった!
まさに難局を迎える2011年の日本経済。
そして今、世界は自国の利益のために
壮絶な為替戦争をしている。
長引く円高は日本経済にどんな影響を与えるのか。
輸出に賭ける米国、ドイツ、日本、中国。
通貨戦争はドル対ユーロ、円対元の
駆け引きとなった。
もはや世界はこの4国間の争いが展開している。
日本は円高でますます製造業が空洞化していく。
その時、企業と人はどうなっていくのか。


さらにデフレのグローバル化は
日本の大手企業にも大打撃を与えている。
デフレ時代は「買い手に極楽、売り手に地獄」。
トヨタ、新日鉄、JFE、日立、東芝、
パナソニック、ソニーなどの企業は
この状況に果たして生き残れるのか。
また、国内でも価格戦争は進行していく。
牛丼戦争、コンビニ・キラーの出現、
消費者金融の消滅、生保の株式会社化......。
賃金の低下、最大の就職難など
危機迫る日本は、世界に巻き返しを図れるのか?


やがて中国は崩壊を迎える
中国の日本国債買い、
中国漁船衝突事件による尖閣問題など
中国政府は対日政策に躍起になっている。
しかし、中国内の現状は
徐々に不況の波が押し寄せている。
上海万博の失敗、不動産バブルの崩壊、
山猫ストの頻発と多くの企業が中国から逃げ始めている。
そして、インフラ投資の失敗が
中央政府と地方政府の確執を生み出している。
やがて中国本土で暴動が起こる時、
我々日本人が防衛すべきことはあるのか。
2011年は中国崩壊の幕開けとなる。


民主党政権に日本を任せることはできない
中国漁船衝突事件で、
日本人は戦争の危機があることを改めて認識した。
実は東アジアにおいて「冷戦」は終わっていない。
しかし、国のトップである政治家たちは
この事実を分かっていない。
また、政治とカネの問題も終わっておらず、
政党の弱体化で日本の政治は
機能不全に陥る可能性がある。
日本がこれからの時代を生き抜く
3つのポイントを示す。



【目次】

第1章 倒産・繁栄!?選別される日本のビッグ企業
●世界の荒波にもまれる日本経済
円高進行を操る中国の思惑
米国と欧州で勃発する為替戦争
円高でますます製造業が空洞化する
日経平均を下げる銀行の「解け合い」
企業も人も海外へ逃げていく
資金の行き先が国債しかない二番底への不安
国際競争の波にのみ込まれる日本の農業
●世界に出るしか生き残れない日本企業の戦略
電気自動車へ"乗り遅れた"トヨタの戦略
新日鉄とJFEが合併する!?
日立は即刻、家電競争から手を引け
"口銭商売"から転換を図る総合商社
価格競争に負けるパナソニック
第一生命の株式会社化はデフレ時代の産物
グレーゾーン金利の廃止で消費者金融が消滅する
牛丼戦争とコンビニ・キラー「まいばすけっと」の出現
●世界インフラに参入する日本企業の未来
東芝とビル・ゲイツが次世代原発を開発する
「パソコン」から「原子力」に世界の電機産業はシフトしていく
電力増産と環境保全を両立させた三菱重工の無公害ボイラー
欧米にボイラー製品ではなく技術を売るべし
未来の電力事情を変える「超伝導ケーブル」


第2章 経済再生に意気込む米国の構想
●米国が世界経済を新たな構想へと導く
再確認された!?米国経済の底力
「景気見通しが異例なほど不確か」というバーナンキ議長の真意
米国が描く「米日独」の三国経済網
●新インフラ構想で復活を目指す米国
ニューディール以降の最大公共投資の中身
エネルギー大国を目論む米国の技術者不足
米国のエネルギー革命「シェール・ガス」
●それでも苦戦が続くオバマ改革
中間選挙に向けたオバマ政権の追加景気刺激策
国民皆保険というオバマ最大の成果
やはりザル法になってしまった金融規制法
イラク終結とアフガン・パキスタンの鎮静化で軍縮が進む


第3章 これでも中国の「未来」に賭けるか?
●中国経済の「実力」を考える
中国が日本を抜き去る日
ついに中国に世界が干渉し始めた
中国経済を支えるエネルギー消費の裏にある環境汚染
●中国経済はすでに弾けてきている
入場者数を操作してまで成功させなければならない「上海万博」
「上海万博」の失敗で一気に弾けた上海不動産バブル
大ダメージを与える「山猫スト」の頻発
●中国崩壊への序曲
「賃上げ暴動」で海外へ逃げる外国企業
資産防衛で中国人が日本の不動産を買い始めた
中央政府に公然と逆らう地方政府


第4章 ヨーロッパ経済のアキレス腱
●ユーロ危機の中から現れたドイツの巨大な姿
ユーロ景気の牽引役となるドイツ
ユーロという単一通貨がはらむ危険
●ドイツによるヨーロッパ経済支配体制
ユーロ圏全体が財政再建策を余儀なくされる
どんな犠牲を払ってもユーロを存続させたいドイツ


第5章 新興国(インド・ブラジル・ロシア)に食い込めるのか!?日本の最先端技術
●今や工業国としての市場を固めたインド
高速貨物鉄道における市場の将来性
自動車と鉄鋼生産が好調な市場に価格で勝負できるか
●資源国ブラジルがインフラ市場に名乗りを上げる
ブラジルが賭けるインフラ整備というビッグ・イベント
新たに脚光を浴びてきた大西洋の石油資源
●ロシアは政治の復権が経済を支えるのか
プーチン首相の大統領復権への熱い期待
将校だらけのロシアが徴兵制をやめる日


第6章 政権二年目を迎えた民主党は日本を潰す気なのか
●「冷戦」は終わっていないという認識のない日本政府
沖縄県民の思いを踏みにじった民主党
国際社会では沖縄米軍基地はなくてはならない
一朝有事の際に軍事行動が取れるのは沖縄の海兵隊のみ
海兵隊駐留の重要性を伝えないマスコミの怠慢
戦争への火種となる韓国の哨戒艦撃沈事件
世界に脅威を与えた北朝鮮の軍事力
●時代を読めない政治家に日本を任せられるのか
日本がこれからの時代を生き抜く三つのポイント
二〇一一年度の予算編成で日本は財政破綻を迎える!?
消費税アップで財政問題は解決されるか
「ねじれ国会」で法案はほとんど通らなくなる
●民主党代表選後に襲いかかる菅政権への試練
「政治とカネ」の問題は断然たる犯罪行為
当然の小沢一郎の代表選敗北
政党の弱体化で日本の政治は機能不全に陥る

ページTOPへ