地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

長谷川慶太郎レポート
パスワードを忘れた方はこちら
投資の王道【LITE版】
無料メールマガジン

バックナンバーは こちらから

長谷川慶太郎レポート

長谷川慶太郎コンテンツ

長谷川慶太郎の大局を読む 〈2009年〉

大局を読む 2009年―長谷川慶太郎の (2009)
  • ISBN: 9784894519022
  • 188p / 20cm / A5判
  • 李白社 (2008/10 出版)(発売:フォレスト出版)
  • ・長谷川 慶太郎【著】
  • NDC分類: 304 価格: ¥1,575 (税込)

※まえがきの文中表記に以下のような編集上の手違いがあったことをお詫びし、訂正いたします。
オルトウエイ(誤)→オルト-A

ドル崩壊は!?株暴落は!?「大恐慌」は到来するのか!?今こそ...「新しい現実」を見逃すな。

第1章 「サブプライム問題」は終わった
(「サブプライム問題」を総括する;米国の政治力の強さ;英国に波及した「サブプライム問題」;これから世界の余裕資金は何処に向かうのか)

第2章 世界経済の行方
(グローバル経済を支える「不変のドル信任」;ドル相場の行方;IMF体制への不信;中国一党独裁体制崩壊への序章;変わる世界の資金の流れ)

第3章 ますます好況化する日本の「重厚長大産業」
(再び「鉄は国家なり」;世界の陸・海・空で展開中の巨大プロジェクト;世界のエネルギー産業に貢献する日本企業)

ページTOPへ