地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

長谷川慶太郎レポート
パスワードを忘れた方はこちら
投資の王道【LITE版】
無料メールマガジン

バックナンバーは こちらから

長谷川慶太郎レポート

長谷川慶太郎コンテンツ

「経済戦勝国」日本の底力

「経済戦勝国」日本の底力
  • ISBN: 9784883384327
  • 出版文化社 (2009/07/17 出版)
  • 長谷川慶太郎 (著)
  • ¥ 1575 (税込)
  • アメリカは浮上するか?北朝鮮の暴発はあるか?ポスト世界大不況の特需がくる。日本の技術・製造業の出番。

    第1章 インフレ幻想が不況を悪化させた―平成二〇年の教訓(世界経済の大勢をなぜ見誤ったのか;原材料の乱高下による企業への重い負担;「デフレ恐怖症」の影響;大局的判断の重要性)

    第2章 平成不況は克服される(企業存続には柔軟な雇用関係が不可欠;労組の硬直性が招いたビッグスリーの惨状;日本企業の強さが光った;値下げを強要する消費者の圧力)

    第3章 デフレの基調は揺るがず(「資源戦争」という錯覚;投機による乱高下を見抜け;新興国の今後の課題)

    第4章 世界経済の本格的回復は進む(着々と進む「不況対策」;インフラ整備の世界的大潮流;インフラ整備に最も有効なデフレ;クリーンエネルギーとしての原発;公共事業投資で世界不況から急回復)

    第5章 平和と安定と繁栄へ―二一世紀の世界と日本(大規模戦争の危険性はない;繁栄へ躍動する世界、支える日本)

ページTOPへ