地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

長谷川慶太郎レポート
パスワードを忘れた方はこちら
投資の王道【LITE版】
無料メールマガジン

バックナンバーは こちらから

長谷川慶太郎レポート

長谷川慶太郎コンテンツ

長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】No.009号

つづきはこちら 一覧へもどる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】       2008.10.01 No.009号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
by 長谷川慶太郎公式サイト http://www.hasegawa-report.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
____________________________________
■ 国際派エコノミスト長谷川慶太郎が経済問題を斬る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:: NEW INFORMATION! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

みなさま、こんちには。

今回は、先月末に行われた投資&経営アドバイスサロン「未来塾」
での講演の一部をご紹介いたします

福田康夫前首相と福田赳夫元首相の親子の興味深いエピソードです。
まさしく、長谷川先生しか知らない裏話なのではないでしょうか。

この話題のみならず、全編にわたって
少数限定の「未来塾」でしか聞けない話ばかりでした。

           - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

福田康夫さんという人物はもともと政治家向きの人物ではありません。

彼の父親、福田赳夫さんは、康夫さんのことをこう言っておりました。

「こいつは面の皮が薄過ぎるんだ。

政治家というのは面の皮が人の千万倍厚くないと勤まらない商売なんだ。

それなのに、こいつは腹に思っていることが全部、面に出る。

従って、こいつは政治家に向かない、と思っている。

だから、サラリーマンをやらせていたんだが、諸般の事情で

やむなく、政治の世界に引っ張り込むことになったのだ。」

福田赳夫さんはわたしにこのように仰いました。
大変印象深い発言でした。

これは陰口ではなく、ご本人、康夫さんを側に置いて仰ったのです。
こういう思い切ったことを仰るのが福田赳夫さんの魅力でもあったのです。

福田康夫さんという人は、そういう人物であります。

ですから、この一年、福田康夫さんは一生懸命努力したとは思いますが、
現在の政治情勢にはそぐわない、つまり、
自らが政治情勢を引っ張るような牽引力を発揮することが出来なかった、
それが実態であったのです。

そして、そういうことを康夫さんは自覚しております。
ですから、針のむしろの状態の一年でしたから、
お気の毒ではあるのですが、
こういう方がトップに立たなければならなかったということ自体が
日本の政治の大きな欠陥であり、弱点であるのです。

           - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

このように、長谷川先生の「未来塾」では、
直近の国際経済・国際情勢のトピックスだけではなく、
長年の活動の中で得られた興味深いエピソードが随所で飛び出します。

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
■□■  長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】2008.10.01 No.009号
□■  
■  by 長谷川慶太郎公式サイト http://www.hasegawa-report.com
■ 
■ 発行者へのご意見:http://www.hasegawa-report.com/index.php/ask.html
■ このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して配信されています。
■ このメールマガジンの友人、知人等への転送は自由です。
■ ただし、ヘッダ・フッタ付きで転送してください。
■ 配信停止は、http://www.hasegawa-report.com/mag/mag.htmlからできます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

ページTOPへ

つづきはこちら 一覧へもどる