地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

長谷川慶太郎レポート
パスワードを忘れた方はこちら
投資の王道【LITE版】
無料メールマガジン

バックナンバーは こちらから

長谷川慶太郎レポート

長谷川慶太郎コンテンツ

長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】No.023号

つづきはこちら 一覧へもどる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】       2008.12.18 No.023号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
by 長谷川慶太郎公式サイト http://www.hasegawa-report.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
____________________________________
■ 国際派エコノミスト長谷川慶太郎が経済問題を斬る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:: NEW INFORMATION! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

みなさま、こんにちは。

今回は、長谷川先生の著書をご紹介致します。

『大統領が変わると日本はどこまで変わるか?』
http://www.hasegawa-report.com/book/book009.html

この本は、アメリカ大統領選や世界金融危機などの最新国際情勢
を踏まえて、従来からの長谷川先生の分析と絡めて、
コンパクトに分かりやすくポイントが掴めるような内容となっております。

「マンスリーCD」や「投資レポート」と合わせて読まれると、
更に理解が深まるのではないでしょうか。


まだお読みになられてないかたは、ぜひ、ご一読下さい。


□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
■時間のないビジネスマンの格好の情報源!■

長谷川慶太郎が毎月あなただけに語る
70分にわたる濃密な音声レポート、
マンスリーCD『世界は変わる 日本が動く』

よく話題にのぼっている事柄に関して、
歴史的な背景から長谷川慶太郎が、
現在から未来にどう影響を及ぼすのかを
平易に解説して、現在の分析を導き出します。

基礎知識から専門的な見解に橋渡しをしてくれる
格好の教材です。


長谷川慶太郎の月刊CD情報

『 世界は変わる 日本が動く 』

只今、入会随時受付中!

このマンスリーCD

「 長谷川慶太郎 世界は変わる 日本は動く」


で聞ける内容、特徴は・・・

詳しくは、長谷川慶太郎公式サイト「投資の王道」

●マンスリーCD「 長谷川慶太郎 世界は変わる 日本は動く」
http://www.hasegawa-report.com/mcd/

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
■□■【好評 李白社のCDシリーズ】

【【【 大竹愼一 「ウォールストリートからの現場報告」CD】】】

長谷川慶太郎とはまた違った、バリュー株投資の鬼才!
ウォール街の辣腕ファンドマネージャー大竹愼一がおくる
CDでよくわかる最新経済予測。

実績が数字で残るカネの世界にあって、
欧米ファンドのグローバル株部門で、1984年以来、
例外的な年を除き25年間にわたり、
トップクォーター(成績上位4分の1)の驚異的な成績をあげる。

この25年間に、訪問した会社数は、延べ1000社を超え、
年間を通して、日・米・欧の各地を歩き巡り、
徹底した現場主義を貫いて、世界のカネの流れと企業情報を集める。

その結果、氏の金利、為替、株価、地価に関する
経済予測の的中率は非常に高く、

「バブル崩壊」から「地価10分の1」
「1ドル80円」「拓殖銀行破綻」
「日経平均8000円割れ」「ブッシュショック」

など、重要な経済予測を次々に的中させている。

詳しくはこちらから↓

『大竹愼一 「ウォールストリートからの現場報告」CD』
http://www.rihakusha.co.jp/cd-dvd/ohtakecd.html

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
■□■  長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】2008.12.18 No.023号
□■
■  by 長谷川慶太郎公式サイト http://www.hasegawa-report.com

■ 発行者へのご意見:http://www.hasegawa-report.com/index.php/ask.html
■ このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して配信されています。
■ このメールマガジンの友人、知人等への転送は自由です。
■ ただし、ヘッダ・フッタ付きで転送してください。
■ 配信停止は、http://www.hasegawa-report.com/mag/mag.htmlからできます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

ページTOPへ

つづきはこちら 一覧へもどる