地政学とリアリズムの視点から日本の情報・戦略を考える|アメリカ通信

国際情勢の中で、日本のとるべき方向性を考えます。地政学、リアリズム、プロパカンダの観点から、日本の真の独立のためのヒントとなる情報を発信してゆきます。

長谷川慶太郎レポート
パスワードを忘れた方はこちら
投資の王道【LITE版】
無料メールマガジン

バックナンバーは こちらから

長谷川慶太郎レポート

長谷川慶太郎コンテンツ

長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】No.021号

つづきはこちら 一覧へもどる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】       2008.12.01 No.021号
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
by 長谷川慶太郎公式サイト http://www.hasegawa-report.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
____________________________________
■ 国際派エコノミスト長谷川慶太郎が経済問題を斬る
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

:: NEW INFORMATION! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

みなさま、こんにちは。

今回は、
マンスリーCD「長谷川慶太郎 世界は変わる 日本は動く」
最新の12月号にて、長谷川先生がどのようなお話をされているのかを
簡単にご紹介させて頂きます。

-----------------------------------------------------------------------

■G20金融サミットと「ブレトンウッズ会議」との類推

■今や死語となった"粗糖リンク"とは?

■ブレトンウッズ会議当時の金融状況

■長谷川慶太郎が直接見聞した、1987年「ブラックマンデー」当時の様子

■現場調査で分かった、国際貿易の要とは?

■IMFが長年存続してきた理由とその意義とは?

■1997の韓国経済危機の裏話

■世界の中小国の金融市場で起こっていることは?

■今回のG20サミット、中国の思惑とは?

■G20サミットで日本の果たした役割とは

■金融危機のその後に起こることは?

--------------------------------------------------------------------

などなど、今月号も大変濃密な内容となっております。

詳細な内容についてお聴きになりたい人は
長谷川慶太郎公式サイト「投資の王道」

●マンスリーCD「 長谷川慶太郎 世界は変わる 日本は動く」
http://www.hasegawa-report.com/mcd/

よりお申し込み下さい。

■時間のないビジネスマンの格好の情報源!■

長谷川慶太郎が毎月あなただけに語る
70分にわたる濃密な音声レポート、
マンスリーCD『世界は変わる 日本が動く』

よく話題にのぼっている事柄に関して、
歴史的な背景から長谷川慶太郎が、
現在から未来にどう影響を及ぼすのかを
平易に解説して、現在の分析を導き出します。

基礎知識から専門的な見解に橋渡しをしてくれる
格好の教材です。


長谷川慶太郎の月刊CD情報

『 世界は変わる 日本が動く 』

      只今、入会随時受付中!

このマンスリーCD

   「 長谷川慶太郎 世界は変わる 日本は動く」


で聞ける内容、特徴は・・・

詳しくは、長谷川慶太郎公式サイト「投資の王道」

●マンスリーCD「 長谷川慶太郎 世界は変わる 日本は動く」
http://www.hasegawa-report.com/mcd/

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
■世界同時不況?大暴落!今、何をすべきか???■

現在、国内外の情勢は文字通り「激変」の連続である。

アメリカの大手金融機関破綻にはじまった、世界同時暴落!
これからの資産形成に悩むかたへ。

今が、チャンスか、待ちのタイミングか?
買いなら、何を買うべきか?

政治、経済、社会等々...すべての面で誰も予想できない事態が
連続して発生している。

国内政治の混乱、サブ・プライム・ショック、その株式市場への影響。
先行き見通しがなかなかつかない状況が続く。

年金崩壊、低金利、石油価格の上昇などから
いかにして自分の財産を守り、増やしていくことを考えなければなりません。

そんな悩みに経済評論家・国際エコノミストの長谷川慶太郎がお答えいたします。


遂に正式スタートさした長谷川慶太郎「投資レポート」。
詳しくは、長谷川慶太郎公式サイト「投資の王道」

●長谷川慶太郎「投資レポート」
http://www.hasegawa-report.com/report/


□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
■長谷川慶太郎の未来塾■

長谷川慶太郎の未来塾では、
会員だけで学び・愉しむ本物の経営・投資情報を提供しています。

経営者・投資家のみなさん、
あなたの経営・投資のコンサルタントは誰ですか?
その人は長期間にわたって
投資を実践し儲かっている人でしょうか?

詳しくは、長谷川慶太郎公式サイト「投資の王道」
●長谷川慶太郎講演会「未来塾」
http://www.hasegawa-report.com/miraijuku/


□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■2008年夏からの世界をこうみろ!■

くだらない話題は気にするのに、
重大なニュースを見落としたり、
その事件の意味する裏の事情や
今後の課題については
無関心になってませんか?

時事問題から解説する月刊CDと違い、
数年単位の大きな流れに焦点をあてて
長谷川慶太郎が語ります。

激動する世界情勢の中、
政治、経済、地域紛争からくる日本の選択は!

●長谷川慶太郎「世界をこう見ろ!CD」
http://www.hasegawa-report.com/world/


長谷川慶太郎が贈る、『政治』・『経済』・『紛争』をテーマに
新たに企画した3枚組みのCDシリーズ2008年版です。

第一部では政治。
アメリカの覇権が続くか?
軍事面や資本主義の未来という視点から展望・解説。

第二部では経済。

現在、物価上昇が危惧されておりますが、
これから、デフレ時代、
それも、大繁栄時代のデフレ経済論を紹介しています。

第三部では紛争。

特に日本人にはわかりにくい、
中東の石油と国家紛争に焦点を当てています。

石油がわからないと今の世界が読めません。
しかし、産油国は紛争を抱えています。
時事問題から解説する月刊CDと違い大きな流れに焦点をあて
長谷川慶太郎が語ります。


詳しくは、長谷川慶太郎公式サイト「投資の王道」

●長谷川慶太郎の「世界をこう見ろ!CD」
http://www.hasegawa-report.com/world/
 
PR==================================================================

      台頭してくる中国からの文化破壊工作に備えるため、
        正しい歴史認識やインテリジェンスセンスを
            磨くためのメールマガジン

         伝統、文化、歴史を保守する皆様に!!
   無料メールマガジン『渡部昇一に学ぶ日本人の知と気概』

お申込みはこちら⇒ http://www.watanabe-shoichi.com/mag/mag.html


━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━...━
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□
■□■  長谷川慶太郎の投資の王道【LITE版】2008.12.01 No.021号
□■  
■  by 長谷川慶太郎公式サイト http://www.hasegawa-report.com
■ 
■ 発行者へのご意見:http://www.hasegawa-report.com/index.php/ask.html
■ このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して配信されています。
■ このメールマガジンの友人、知人等への転送は自由です。
■ ただし、ヘッダ・フッタ付きで転送してください。
■ 配信停止は、http://www.hasegawa-report.com/mag/mag.htmlからできます。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

ページTOPへ

つづきはこちら 一覧へもどる